ラジオ金沢最新情報はこちら
ラジオかなざわ番組表はこちら


WHAT'S NEWS!!

2024年

7月

19日

情熱サッカー 2024年7月20日放送予定

明日の『情熱サッカー』は

 

13日に金沢ゴーゴーカレースタジアムで開催された

MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~

日本女子代表 なでしこジャパン vs ガーナ女子代表 

についてお伝えします!

試合後の池田太監督やなでしこジャパン選手の声をお届けします!

 

 

『Road to J1』

J3ツエーゲン金沢 vs FC今治 の結果をお伝えします。

試合後の伊藤彰監督の会見

熊谷アンドリュー選手

毛利駿也選手のインタビューをお送りします。

 

 

『特集』

令和6年度全国高等学校体育大会サッカー競技(インターハイ)に初出場する鵬学園高校の情報をお伝えします!

MF竹内孝誠キャプテンとFW山田春斗選手のインタビューをお送りします。

また、18日に鵬学園高校の練習を見学・アドバイス(ヤンサカ企画https://yansaka.com/)に訪れた

元日本代表 槙野智章さんのコメントもご紹介します!

 

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

2024年

7月

15日

視覚障害ラジオステーション2024年 7月16日(火)23日(火/再放送)ラジオかなざわ ラジオこまつ ラジオななお 午後6時~6時20分  

視覚障害者の方々の就労支援と社会環境の向上を目的に、金沢市から情報を発信する、「あうわ」視覚障害の働くを考える会をパーソナリティーに迎えて放送しています。アナウンサーは綿谷尚子。インターネット放送はこちらから (放送と同日時にお聞きいただけます)

 

           あうわHP https://auwawua.org/

 

近年、日本各地で豪雨に伴う河川の氾濫が発生するようになりました。石川県においても、2008年の浅野川や、2022年の鍋谷川、梯川等の氾濫は、地域に深い傷跡を残しました。水害が危惧される季節を前に最大級の警戒が必要です。今回は水害と障害者支援に取り組む地域や企業をご紹介します。小松市の「稚松みんなにやさしい防災推進チーム」からは水害時の経験を伺い、Uni-Voice事業企画株式会社からは「耳で聴くハザードマップ」の情報をお伝えします。「耳で聴くハザードマップ」社の情報は後日、より詳しくお伝えします。

 

・稚松みんなにやさしい防災推進チーム

・Uni-Voice事業企画株式会社

 https://www.uni-voice.co.jp/

 

金沢大学人間社会学域学校教育学類附属特別支援学校教諭で医学博士の吉岡学さんは視覚障害者が歩行に用いる白杖の先端に取り付ける「石突(いしづき)」の新製品「視覚障害者が使いやすい石突」を開発しました。この功績が評価され、「2024年度 人間工学グットプラクティス賞 最優秀賞」を受賞しました。また、白杖を全国の盲学校に送るプロジェクト「白杖マラソン」にも携わっていらっしゃいます。 吉岡先生の活動に共感の輪が広がっています。

https://www.ergonomics.jp/official/wp-content/uploads/gddb/120-evaluation_result.pdf

続きを読む

2024年

7月

15日

マンガふるさとの偉人「不屈の武将 長連龍(ちょうつらたつ) デジタル版

穴水町は、穴水城主一族で長家を勝利に導いた戦国武将をモデルにした歴史マンガ「不屈の武将 長連龍(ちょうつらたつ」を配布しました。小学校の授業で活用し、児童が穴水ゆかりの偉人に親しみ、ふるさとに誇りを持って持ってもらいます。このデジタル版は無料でお読みいただけます。ぜひご覧ください。

 

▼パソコン、スマホのどちらかでご覧ください。

 

パソコン用 】  2ページ同時に見ることができます。紙のマンガに慣れている方はパソコンでご覧ください。

 

 

スマホ用】   1ページずつ見ることができます。

 

 

【ストーリー】

戦国時代、各地で合戦が繰り広げられ、勝者は領地を拡大しました。越後から京へ上ろうとする上杉謙信は、能登から背後を突かれないよう穴水城や七尾城を手中に収めようとします。長連龍(ちょうつらたつ)とその一族は、故郷の穴水や能登を守ろうと死力を尽くして戦うのでした。

 

連龍が守った長家は江戸時代に藩の最高意思決定機関、加賀八家となり、3万3千石を知行し、幕末まで藩主を補佐して藩政を運営しました。

Never Give Up! 不屈の精神で激動の時代を乗り越えた生涯は今も語り継がれています。

 

この物語をマンガ化したのが今回の新企画です。絵柄は近年の流行を取り入れてシャープな顔立ちにし、ストーリーは目まぐるしく移り変わる史実を整理して分かりやすく学べるように工夫を施しました。また、漢字には全てルビを振り、児童の学習教材に対応できるようにしています。中学生以上に向け、巻末には長連龍の生涯、年譜を掲載しました。

 

監修は、金沢学院大学名誉教授で長連龍ゆかりの穴水町・長谷部神社宮司の東四柳史明金沢学院大学名誉教授。原作は、杉畠啓文ラジオかなざわディレクター。マンガは、加賀市在住のチハラアケミさん。編集はラジオかなざわ。制作は、一般財団法人北國総合研究所です。

 

続きを読む