新着情報

2019年

3月

22日

情熱サッカー 2019年3月23日

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

勝利で飾ったホーム開幕戦

第4節 ツエーゲン金沢 vs FC町田ゼルビアを振り返ります!

柳下正明監督の会見

DF 廣井友信選手

MF 藤村慶太選手

FW ジオ・クルーニー選手

DF 長谷川巧選手

MF 金子昌広選手のインタビューを!!!

 

そのほか・・・

U17日本代表候補に選出された

ツエーゲン金沢U-18 FW 駒沢直哉選手のキャンプトレーニング直前インタビューも!

 

 

  

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

3月

21日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2019年3月22日(金)3月29日(金/再放送)午前8時~8時30分

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ナビゲーターは綿谷尚子。

                   九十九湾    Copyright::石川県観光連盟       

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから 

 

【ゲスト】 柴野大造さん 中乃波木さん

 

今回は、柴野さんと中さんに今年度を振り返っていただきました。

 

中さんは2018年11月23日、能登町宇出津の酒樽神社で古式ゆかしい神前結婚式を挙げました。新郎新婦の足下をピンと張った縄で通れなくする歓迎の儀式「縄張り」を行い、境内はお祝いや大勢の見物客で賑わいました。

 

また、3月末に小説、能登町移住物語「い~じ~大波小波」を出版します。12歳で都会から能登町に移り住み、母と二人で始めた暮らしを綴った自叙伝的な一冊です。本の帯紙には樹木希林さんから贈られた言葉、「私より勝手で自由な母がいたなんて!」が載せられています。

 

この出版を記念したトークショーを金沢21世紀美術館シアター21で4月12日(金)に開催します。開場は午後6時。朗読は中乃波木さんと松岡理恵さん。制作秘話や樹木希林さんとのエピソードも紹介します。

 

柴野さんは今年、ジェラート職人を題材にした映画に出演を予定しています。海外の映画会社による作品で、仕事に取り組む柴野さんや日常の姿に加え、能登町での撮影も予定しています。

 

また、2021年にイタリアのフィレンツェで開催されるジェラートフェスティバルの国内予選を今年5月に沖縄県で開催予定です。

ジェラート職人が世界の頂点を目指して競い合います。

 

柴野さんは今や世界を代表するジェラート職人になりましたが、ここまでの道程は決して平坦なものではありませんでした。しかし地道な努力を貫き通した結果、現在のポジションに到達できたのです。絶対に勝利する方法・・・それは勝つまで挑み続けること。その言葉通りに歩む柴野さんの姿が浮かびます。

 

 

【インフォメーション】

 

【赤崎いちご】

 

週末やゴールデンウイークは能登町へ出かけませんか?

ご家族やお友達どうしで楽しめるスポットのひとつが、能登町布浦

の赤崎いちご園です。太陽の光と赤崎海岸からの潮風をたっぷり受け、真っ赤に色づいた大自然の恵み。赤崎で栽培されるいちごは宝交早生(ほうこうわせ)という品種で、身が柔らかくとても甘いのが特徴です。

 

4月下旬から6月中旬まで楽しめ、30分の摘み取り体験は、食べ放題で中学生以上1200円、小学生800円、幼児500円となっています。大人気のいちご園は週末や連休になると混みあいますので、予約をしてからお出かけください。お電話にて、赤崎いちご

園のご紹介ホームページに掲載されている農家へ直接お問い合わせください。

 

【九十九湾】

 

湖のように静かな水面。九十九の入り江からなるとされる美しいリアス式海岸。海には、松の並木や樹木がせり出し、その優れた景色から日本百景のひとつに数えられているのが九十九(つくも)湾です。

 

波がほとんど立たない湾内では、ゆったりと海中公園観光遊覧船を楽しめます。途中に立ち寄る魚の餌づけショーはお子様にも大人気。自然の中で生き物とふれ合い、楽しく充実した時間を送ることができるでしょう。遊覧船は今年も運行を開始しました。

 

緑が映り込んだ入り江は、時間と共に少しずつ色合いを変えます。

半島ドライブに出かけたなら、ぜひ九十九湾にお立ち寄りください。

 

 

 

                                Copyright::石川県観光連盟

 

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので3月22日にお聞きの方は29日の再放送になります。

2019年

3月

15日

情熱サッカー 2019年3月16日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

第3節 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディについて

FW 小松蓮選手

MF 大石竜平選手のインタビューをお送りします

 

 

『特集』

 

9日に開催された「IFAコンベンション2019」について

天野春果さんの講演の模様や、

石川県サッカー協会 2018年度表彰 表彰式の模様などをたっぷりと!

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

3月

08日

情熱サッカー 2019年3月9日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

第2節 ツエーゲン金沢 vs ファジアーノ岡山について

柳下正明監督

DF 廣井友信選手の振り返りインタビューを!

2試合で見えた課題についてたっぷりきいています。

 

 

『特集』

全日本フットサル選手権を終えて・・・

ヴィンセドール白山 杉木陽介監督インタビューを! 

 

  

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

3月

07日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2019年3月8日(金)3月15日(金/再放送)午前8時~8時30分

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ナビゲーターは綿谷尚子。

                                Copyright::石川県観光連盟

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから 

 

【ゲスト】

 

能登町公民館連合会会長 宇出津公民館長の佐野勝二さん

 

 

石川県内各地ではご当地検定・ふるさと検定が実施されています。能登町公民館連合会は「能登町ふるさとクイズ」を1月27日に開催しました。クイズは択一式で「歴史」「産業」「人物」など9ジャンルがあり、100問が出題され、成績優秀者8人に「ふるさとマイスター」の証書と記念品が送られました。

 

 

今回は、能登町公民館連合会会長で、宇出津公民館長の佐野勝二さんにスタジオに起こしいただき、能登町ふるさと検定について話を伺いました。番組では100問の中から、町外の方が答えやすいよう、少し易しめの問題をピックアップしました。

 

 

問題例  答えは番組をお聞きください!

 

藤波運動公園の一角に「藤波テニスミュージアム」があります。

国内最古とされるラケットなどテニス資料およそ6千点を展示しています。さて、国内最古のラケットはいつの時代のものでしょう。

 

① 江戸時代 ② 明治時代 ③ 大正時代 ④ 昭和時代

 

あばれ祭りとして有名な県指定無形民族文化財「宇出津のキリコ祭り」は、疫病が流行り多くの死者が出たため、京都の祇園社から牛頭天王を勧請して盛大な祭りを行ったことに由来すると伝えられています。さて、その疫病をなんと呼んだでしょう。

 

①貧乏風 ② 厄病風 ③ 北風小僧 ④ 泥棒風

 

 

 

ニャンコ言葉と言われる小木の方言「・・・にゃあ」は、県内でもう一カ所あります。それはどこでしょう。

 

① 白山市白峰 ② 加賀市山中栢野 ③ 羽咋市神子原

④ 輪島市舳倉島

 

  下記の「続きを読む」をクリックしてください。催しや観光情報をご覧いただけます。

 

【インフォメーション】

 

【九十九湾観光遊覧船】

 

日本百景のひとつに数えられ、九十九の入り江からなるとされる美しいリアス式海岸が広がる能登町九十九湾。海中公園観光遊覧船は、緑が映り込んだ入り江をゆったりとクルージングできます。 

 

途中に立ち寄る魚の餌づけショーはお子様にも大人気。自然の中で生き物とふれ合い、楽しく充実した時間を送ることができるでしょう。緑が映り込んだ入り江は、時間と共に少しずつ色合いを変えます。今年は「3月20日」頃から運行を予定しています。詳しくはホームページをご覧になり、お問い合わせの上お出かけください。 

                                Copyright::石川県観光連盟

 

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので3月15日にお聞きの方は8日の再放送になります。次回、3月22日は、柴野大造さん、中乃波木さんの活動情報をお届けします。

2019年

3月

07日

ハートフルいしかわ2019年3月9日(土)23日(土/再放送)午前9時~9時30分放送 

豊かな心を育む気運を高めることをテーマに、地域で「心の教育」推進に取り組んでいる人々の姿や、石川県教育委員会生涯学習課の事業を紹介しています。企画協力 石川県教育委員会・心の教育推進協議会。ナビゲーターは加藤裕・前田明日香。

 

今回は七尾市立七尾中学校で2018年11月27日に開催された学校講演の模様をお送りします。講師は、落語家で石川県住みます芸人の「月亭方気」さんです。テーマは「夢に向かって」。

落語家人生についてエピソードを交えながらお伝えします。

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

 

インターネット放送はこちらから 

 

 

2019年

3月

01日

情熱サッカー 2019年3月2日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

第1節 ツエーゲン金沢 vs 栃木SCについて

柳下正明監督の会見の模様、

MF 清原翔平選手

DF 山本義道選手

MF 金子昌広選手

FW 小松蓮選手のインタビューを!

 

 

『特集』

2018年度石川県社会人サッカー連盟の総会・表彰式について

県1部優勝テイヘンズフットボールクラブ インタビュー

岡野連盟副理事長による総括と2019年度の取り組みについて

 

 

  

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

2月

22日

情熱サッカー 2019年2月23日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

 

 

18日におこなわれたキックオフパーティから、

西川GMの挨拶

山野之義金沢市長の激励の言葉を!

さらに、駆けつけた皆さんからの応援メッセージも!

 

そして開幕戦へ向けて

柳下正明監督

MF 清原翔平選手

FW 杉浦恭平選手のインタビューを!

 

宮崎キャンプに参加したツエーゲン金沢U-18 沖崎颯選手のインタビューも!

 

  

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

2月

21日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2019年2月22日(金)3月1日(金/再放送)午前8時~8時30分

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ハンディやしきふるさとの記憶館では町の歴史をご紹介します。ナビゲーターは綿谷尚子。

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから 

 

【ゲスト】

 

 

今回のゲストは、大江山のブランドで知られる松波酒造・若女将の金七聖子さんです。大自然に抱かれた奥能登の町で美味しい日本酒を作り続ける松波酒造。SNSやインターネットサイトを通して情報を発信し続けていています。トークは、金七さんの豊富な知識の中から「酒粕学」でスタート。中さんは生で酒粕を食べる愛好家で、大吟醸と純米酒の酒粕の味の違いに言及しました。話題はやがて、イギリス、ドイツ、中国等に広がる愛飲家のお話に。大江山を世界の人々が味わう時代になりました。

 

 

  下記の「続きを読む」をクリックしてください。ゲスト情報、催しや観光情報をご覧いただけます。

 

左から 中さん・金七さん・綿谷さん・柴野さん

 

【ハンディやしき ふるさとの記憶館】

 

[味わってみたい昔のお料理] 

 

出典 内浦町史 第二巻より

 

 決して豊かとはいえないものの、自然素材を生かし、美味しく食事をいただいた時代がありました。当時の食材やおかずの数々を町の歴史書からご紹介しましょう。

 

 

・だんご

 

十分に実らない米の粉をだんごにこねて茹でます。塩味の小豆をつけたり、黒砂糖をかけて食べると美味しかったそうです。

 

・かいやき

 

昔は大きいホタテ貝の殻が浜にたくさん打ち上げられていたので、拾ってきてかいやきに使ったそうです。貝殻に青菜・ナス・イシリを入れていろりや炭火の上で煮ながら熱いところを食べます。ぜいたくしたい時は白身魚や豆腐を用いました。かいやきは美味しくてご飯を食べすぎることもあったそうです。

 

・かいみそ

 

ホタテ貝の貝殻に味噌を入れ、シタダミ・・能登ではシタダメと言いますが、これを混ぜたりして焼いておかずにしました。味噌だけ焼いても美味しかったそうです。

 

・こっぱ味噌

 

木の皮に味噌をのせて焼いたものです。特に栗の木の皮を使うとうまいといいます。

 

・ゆう味噌

 

ユズの上部を切って中身をくりぬき、味噌を詰めて囲炉裏の火の近くに置くと煮えたようになります。味噌にユズの香りが移って熱いうちに食べると美味しいそうです。味噌がなくなったら、また味噌を詰めて焼き、ユズの皮がふやけて使えなくなるまで何回でも利用したそうです。

 

インフォメーション】

 

第33回猿鬼歩こう走ろう健康大会

 

のとキリシマツツジや美しい花々が咲き誇る5月、緑の息吹を感じながら田園地帯を歩き、走り抜ける「第33回猿鬼歩こう走ろう健康大会」が開催されます。

 

大会は柳田運動公園を発着とするコースで、3キロからハーフマラソンまで7種目を開催します。ゲストランナーは、国内外の大会で優勝や好成績を収めている「野尻あずさ」さんです。

 

村人を困らせた猿鬼が住んだと伝わる一帯は、昔から変わることのない素朴な山里の風景が続きます。沿道には住民が手作りしたかかしが並べられ、参加者を励まします。

 

出場しない方は、能登周遊の旅の途中にお立ち寄りいただき、見学をしてはいかがでしょうか。深紅ののとキリシマツツジや田園地帯に並ぶかかしが皆さんを迎えてくれます。

 

開催は5月5日日曜日。走ろうの部のハーフと10㎞は日本陸連公認コースとなっています。陸連登録者は良い記録を狙ってください。走ろうの部は参加費、一般3千円 高校生以下1500円。歩こうの部は、どなたも1500円。申し込み締め切りは2月28日木曜日です。

 

 

 

夢を語る会 合格祈願の米

 

旧柳田村に位置する当目(とうめ)の住民団体「夢を語る会」は2月16日と17日、当目の米の袋詰めを大勢の受験生が合格祈願に訪れる東京の湯島天神で販売しました。当目は当たり目と読めることから受験生に好評で、用意したお米は全て完売したそうです。お米は1袋300グラムが500円。昨年は米を購入した受験生3人から合格したと連絡があったそうです。皆さんにうれしい春が訪れるといいですね。

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので3月1日にお聞きの方は2月22日の再放送になります。次回、3月8日のゲストは、宇出津公民館館長・佐野勝二さんです。「能登町ふるさとクイズ」などについてお話を伺います。

 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

 

インターネット放送はこちらから 

2019年

2月

21日

ハートフルいしかわ2019年2月23日(土)午前9時~9時15分放送 

豊かな心を育む気運を高めることをテーマに、地域で「心の教育」推進に取り組んでいる人々の姿や、石川県教育委員会生涯学習課の事業を紹介しています。企画協力 石川県教育委員会・心の教育推進協議会。ナビゲーターは加藤裕・前田明日香。

 

 

今回は、県立鹿島少年自然の家で2月17日に開催された「親子クレープ物語」の模様をお届けします。イチゴやバナナ、クリームを焼いた生地で包んだら出来上がり。室内には甘い香りが漂います。オリジナルクレープのお味は?親子の楽しげな声も聞こえてきました。

 

 

2019年

2月

15日

情熱サッカー 2019年2月16日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

先月の都城キャンプでうかがった、今シーズンへ意気込みインタビューを

たっぷりとお送りします!

FW クルーニー選手(新加入)

MF 金子昌広選手&大石竜平選手

DF 沼田圭悟選手

 

 

  

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

2月

08日

情熱サッカー 2019年2月9日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

先月の都城キャンプでうかがった、今シーズンへ意気込みインタビューを

たっぷりとお送りします!

FW 小松蓮選手(新加入)

GK 白井裕人選手

MF 藤村慶太選手

 

 

その他、JFA全日本フットサル選手権大会 ヴィンセドール白山の情報なども!

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

2月

07日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2019年2月8日(金)2月15日(金/再放送)午前8時~8時30分

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ハンディやしきふるさとの記憶館では町の歴史をご紹介します。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

                                Copyright::石川県観光連盟

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから 

 

【ゲスト】

 

今回のゲストは、能登町長の持木一茂さんです。町は新庁舎やイカの駅の建設、移住者の積極的な受け入れなどの取り組みをはじめ、アマメハギのユネスコ無形文化遺産登録など、うれしいニュースが続き、国内外から注目を集めるようになりました。今回は、柴野さん、柴野さん中さんを交え、持木町長に町の取り組みや町政についてお話を伺いました。

 

・ふるさと納税

・移住促進

・公営塾と教育

・のと九十九湾観光交流センター(イカの駅) 等について

 

  下記の「続きを読む」をクリックしてください。ゲスト情報、催しや観光情報をご覧いただけます。

 

             

左から 中さん・綿谷さん・柴野さん・持木町長

 

 

【ハンディやしき ふるさとの記憶館】

 

[昔々の寝床編] 

 

出典 内浦町史 第二巻より

 

さてさて皆さん、昔の農民や庶民の寝床をご存知でしょうか。町の歴史書、町史には、寝るための箱・寝箱を用いていたとの記述があります。方言ではネマバコと言うようです。

この寝箱、どんなものかと申しますと、高さ30センチほどの長方形の木の枠の中にわらを敷きつめたものです

 

この地域では明治時代後期までほとんどの家の寝室は板敷きでした。人々はこの板敷の床の上に高さ30センチのどの長方形の木の枠を起き、この中にわらを敷きつめて中に入って寝ていました。ワラの香りに包まれながら寝ると心が落ち着いてぐっすり安眠できるかもしれませんね。

 

 

【インフォメーション】

 

【アマメハギ】

 

2月3日午後5時過ぎ。

道端に小さな鬼の道案内をするかのように、キャンドルの淡い灯りがやさしく揺れています。子どもたちは、仮面をかぶり蓑を着て模造品の包丁を手にし、コンコンカンカン音を打ち鳴らし、「アマメー」と叫びながら山間の暗い夜道を歩きます。

 

ユネスコ無形文化遺産に登録された「アマメハギ」は全国に残る来訪神行事の一つであり、能登町では、秋吉、河ケ谷、清真、宮犬地区で今も行われています。鬼がやってきた!と信じた幼子は泣き叫びます。アマメとは囲炉裏端に長時間あたるできる火だこのこと。アマメを剥ぐと脅し、田畑の耕作開始を前に農家を外へ促す意味もあり、この行事が終わると能登に待ち遠しかった春が訪れます。

 

【あばれ祭 神輿見学】

 

能登町宇出津の八坂神社奉賛会は1月28日までに、毎年7月に地元で行われる県無形民俗文化財「あばれ祭」で用いた神輿2基を観光客らが見学できるよう、収蔵庫にガラス窓を設けました。次の祭りまで出番のない神輿を観光資源として活用する狙いです。

 

神輿は路面に叩きつけられ火の中に放り込まれましたので、部品が壊れ黒く焼け焦げた状態のまま収納されており、祭りの荒々しさを物語っています。収納庫で神輿が見られるのは祭りが終わった後から修理に入る2月か3月頃まで。能登町にお越しになりましたらぜひお立ち寄りください。

 

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので2月15日にお聞きの方は2月8日の再放送になります。次回、2月22日のゲストは、松波酒造若女将の金七聖子さんです。

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

 

インターネット放送はこちらから 

 

 

2019年

2月

07日

ハートフルいしかわ2019年2月9日(土)午前9時~9時15分放送 

豊かな心を育む気運を高めることをテーマに、地域で「心の教育」推進に取り組んでいる人々の姿や、石川県教育委員会生涯学習課の事業を紹介しています。企画協力 石川県教育委員会・心の教育推進協議会。ナビゲーターは加藤裕・前田明日香。

 

今回は、県立生涯学習センターで2月2日に開催された「平成30年度 第5回ファミリー・カレッジin本多の森」の模様をお届けします。テレビの英語番組でおなじみの「エリック・ジェイコブセン」さんを講師に招き、小学生とその保護者が参加して行われました。親子はエリックさんが歌う曲に合わせ、英語を身近に感じながら楽しい時間を過ごしました。

2019年

2月

04日

新番組「クロダハウスpresents しあわせ物語 Keep Smiling のお知らせ

 

新番組のお知らせです。

 

北陸3県で事業を展開する株式会社クロダハウス。クロダハウスの社員がお客様との家づくりのエピソードを紹介する

「クロダハウスpresents しあわせ物語 Keep Smiling」

が今月からスタート!!!


家づくりを通して生まれるしあわせの物語を素敵な音楽とともにお届けします!

ご案内役は宇野慶子さん。

 

初回放送の2月5日(火)午前8:00~は、黒田和利社長がご登場します!

 

放送は、毎週火曜・木曜 午前8:00~8:30

 

 

2019年

2月

01日

葵かを里 新曲 加賀友禅の女 キャンペーンステージ

演歌歌手「葵かを里」さんの新曲「加賀友禅の女(ひと)」キャンペーンステージのお知らせです!

 

デビュー15周年記念曲で日本舞踊を舞いながら歌う金沢三部作の最終作です。切ない恋の思い出を加賀友禅の淡い絵模様に重ね合わせ、情感豊かに歌い上げました。

 

プロモーションビデオは全て金沢市内で撮影されました。かがり火を焚いた能舞台、加賀友禅を並べた加賀友禅会館で歌い踊り、金沢和傘をさして小雨模様の暗がり坂界隈や梅ノ橋を歩く姿が描かれています。色彩感覚にあふれたカラフルなビデオですので、インターネットにUPされましたらぜひご覧ください。

 

CDの発売は2月6日です。この新曲のキャンペーンステージを石川県内では2月5日に開催いたします。入場無料。ぜひお越しください。

 

●開催日2月5日(火)アルプラザ金沢 午後2時

          アルプラザ小松 午後5時

 

また、ラジオかなざわ・ラジオたかおかでは葵かを里さんのご出演による

コーナーを放送中です。どうぞこちらもお聞きください。インターネットサイマルラジオなら、スマホやパソコンで全国どこでもお聞きいただけます。

ラジオかなざわのホームページをクリックしてアクセスしてください。

 

●コーナー名 葵かを里の友禅歌模様

●放送日時  毎週火曜日午後0時15分~30分

 

 

 

 

2019年

2月

01日

情熱サッカー 2019年2月2日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢のキャンプ情報をお伝えします。

都城市でのキャンプを振り返って、柳下正明監督インタビューを!

 

また、

1月27日におこなわれたトレーニングマッチ徳島ヴォルティス戦について、

柳下監督&垣田裕暉選手・小島雅也選手・長谷川巧選手の

試合後のインタビューをたっぷりとお伝えします!

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

2019年

1月

25日

情熱サッカー 2019年1月26日放送予定

明日の『情熱サッカー』は、
     
「Road to J1」・・・
J2ツエーゲン金沢 
MF 清原翔平選手のインタビューをお送りします!
 
そして、
2019新体制発表記者会見より新加入選手紹介②
「特集」・・・
高円宮杯JFA第30回全日本U-15サッカー選手権大会で、
準優勝に輝いたツエーゲン金沢U-15
山野之義金沢市長表敬訪問の模様をお送りします!
 
『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

 

2019年

1月

24日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2019年1月25日(金)2019年2月1日(金/再放送)午前8時~8時30分

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ハンディやしきふるさとの記憶館では町の歴史をご紹介します。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

                                Copyright::石川県観光連盟

 「あえのこと」ユネスコ無形文化遺産 国指定重要無形民俗文化財

 

  下記の「続きを読む」をクリックしてください。ゲスト情報、催しや観光情報をご覧いただけます。

 

 

【ゲスト】

 

今回のゲストは、「あえのこと」の保存に力を尽くしていらっしゃる能登町柳田植物公園施設長、馬場信義さんです。

 

「あえのこと」は、田の神様を家に招いてもてなす伝統の農耕儀礼です。農家の主人が水田から迎え入れた神様を古式ゆかしく料理

や風呂でもてなし、今年の実りに感謝をささげるものです。国連教

育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産で、国指定重要無形民俗文化財でもあり、能登の「宝」と呼ばれています。

 

「あえのこと」は、田の神をお迎えする12月5日と田の神が田へ出られる2月9日の2回行われます。家の主人は田んぼからうやうやしく神様を家の中に招き入れ、まずはお風呂をすすめます。次に松や木々で飾られた客間に招き入れご馳走を振舞います。上座には、朱色には塗られた上等な御膳の上に、小豆ご飯や煮しめ、魚、甘酒などが用意されています。主人は正座してうやうやしく料理を

様にすすめます。

 

田の神はこのようにもてなされ、1年の苦労をねぎらい、春まで家族と共に休んでいただきます。そして2月には再び水田に出ていくのです。馬場さんは、柳田植物公園の合鹿庵(ごうろくあん)であえのことの実演をお見せしています。

 

 

左から 中さん・綿谷さん・柴野さん・馬場さん

 

 

 

【ハンディやしき ふるさとの記憶館】

 

[伝承・迷信 柳田村編!]

 

出典 能登町文化財・神和住の真念寺の鬼簿帳

 

  

昔むかし能登の柳田に、とっても筆まめなお坊さんがいらっしゃいました。その方は、浄土真宗大谷派真念寺9代目ご住職の慶俊(けいしゅん)さんです。今回は、慶俊和尚が記した空から大豆や小豆が降った話をお伝えしましょう。

                                        

時は安永2年2月9日、1773年のことです。静かな山間のお寺に激震が走りました。

なんと、ご住職が空を見上げますと、大豆や小豆、モミ米が降ってくるではありませんか。

 

普通ならここであわてふためくところですがこのご住職、とにかく筆まめで几帳面、冷静に記録を残さずにはいられなかったようです。

 

「ソラヨリ大豆、小豆、モミ米フリ申由。アズキマメハウエ申候、不思議ナル事に候、此辺多クヒロヒ申候、越中、かが、モ同事ニ候由、アサノミモフリ候ヨシ」

(そらよりだいず、あずき、もみごめふりもうすよし。あずきまめはうえもうしそうろう、 ふしぎなることにそうろう、このあたりおおくひろいもうしそうろう、えっちゅう、かがもおなじことにそうろうよし、あさのもみふりそうろうよし) 

 

現代文にしますと「空から大豆や小豆、もみ米が降ってきた。小豆は畑に植えたが何とも不思議なことだ。この現象は村々界隈で多く見られたが、越中や加賀でも同じことが起きたそうだ」といった感じになります。

 

能登町教育委員会の学芸員で古文書を読み解く寺口学さんは、空からおたまじゃしが降った例を指摘します。

 

これは2009年に起きたもので、中島市民センターの駐車場にオタマジャクシおよそ100匹が降ったのを皮切りに、同様の目撃情報が県内各地のほか、宮城や埼玉、鹿児島など全国各地で相次ぎ、話題となりました。                  

 

原因「鳥が落とした」「突風や竜巻が巻き上げた」など諸説あります。さあさあ空から豆事件の真相はいったい何なんでしょうか。                         

 

 

【インフォメーション】

 

 [のと寒ぶりまつり]

 

真冬の能登町宇出津港。1月20日日曜日。雨にもかかわらず、のと寒ぶりまつりの会場に大勢の人々が詰め掛けていました。これから行われるお刺身の振る舞いに長蛇の列ができ、歌い手が場を盛り上げます。テントでごきげんな声をあげているのは、海の味覚と地酒に舌鼓をうっている人々。極上のお酒と冬の幸がぜいたくな時間へと誘います。

 

この前日19日には、宇出津発祥の将棋に似た駒を使う遊び「ごいた」の大会が近くの会場で行われ県内外の112人が参加しました。県外からお越しになった方々は「ごいた」の大会と寒ぶりまつりの両方を楽しみました。

 

[アマメハギ]

 

ユネスコ無形文化遺産 国指定重要無形民俗文化財

 

とっぷりと日が暮れ、暗闇に包まれた秋吉地区。静まり返った山々からは時折、獣のいななく声が聞こえます。そんな山から徒党を組み、ぞろぞろと下りてきたかのような小さな鬼の一行は、手に手に模造品の包丁をぶらさげ、びっくりするような音を打ち鳴らし、家の中に入り込んで子どもを驚かせます。

 

鬼がやってきた!!幼子は泣き叫びますが、これは能登に伝わる大切な伝統行事、「アマメハギ」です。幼児が成長する中での通過儀礼。大人は子どもを膝に乗せて待ち構えます。

 

アマメハギの開催は2月3日日曜日午後5時30分頃。秋吉地区をはじめ、町内では四箇所で開催予定です。秋吉地区は一周するのにおよそ2時間。鬼の後ろをついて回れば子どもを戒めるシーンをご覧いただけます。ただし、日が暮れた山間の集落はかなり冷え込みますので、お出かけの際は厚着をお忘れなく。

 

アマメとは、いろりに長く座っていると手足にできる火だこのころ。アマメハギは田畑の耕作開始を前に農家を外へ促す意味もあり、この行事が終わると能登に待ち遠しかった春が訪れます。

 

                        Copyright 能登町

 

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので2月1日にお聞きの方は1月25日の再放送になります。次回、2月8日のゲストは、能登町長・持木一茂さんです。町の取り組みや町政について話を伺います。

2019年

1月

24日

ハートフルいしかわ2019年1月26日(土)午前9時~9時15分放送 

豊かな心を育む気運を高めることをテーマに、地域で「心の教育」推進に取り組んでいる人々の姿や、石川県教育委員会生涯学習課の事業を紹介しています。企画協力 石川県教育委員会・心の教育推進協議会。ナビゲーターは加藤裕・前田明日香。

 

今回は、県立図書館で2018年12月18日に開催された「クリスマスおはなし玉手箱」の模様をお届けします。

2019年

1月

18日

情熱サッカー 2019年1月19日放送予定

明日の『情熱サッカー』は、
     
「Road to J1」・・・
J2ツエーゲン金沢 始動!
2019出陣式後にうかがった、
柳下正明監督、DF 作田裕次選手のインタビューをお送りします!
 
そして、
2019新体制発表記者会見より新加入選手紹介①
     
   
そのほか、フットサルF2ヴィンセドール白山の結果など
 
『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

2019年

1月

11日

情熱サッカー 2019年1月12日放送予定

明日の『情熱サッカー』は、
J2ツエーゲン金沢 いよいよ始動!
2019新体制発表記者会見の
西川GMの挨拶、田端強化部長の補強についての説明を!
そして、
2019ユニフォーム発表記者会見より
FW 垣田裕暉選手
MF 藤村慶太選手のひとことコメントをお送りします!
「特集」は・・・
石川県サッカー協会 西尾眞友会長のインタビューをお送りします。
2018年を振り返り、今年の抱負など!
『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

2019年

1月

10日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2019年1月11日(金)2019年1月18日(金/再放送)午前8時~8時30分

 

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ハンディやしきふるさとの記憶館では町の歴史をご紹介します。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

 

                                Copyright::石川県観光連盟

  下記の「続きを読む」をクリックしてください。中さんの写真に続き、ゲスト情報、催しや観光情報をご覧いただけます。

 

 [乃波木のフォトダイアリー]

 

~めしひてふ田の神送る春の雪~ ~あえのこと築100年の隙間風~

 

自然と共に暮らす村は、神に捧げる行事が多い。十二月の初めに田の神様をお迎えし、二月のもっとも寒い時期にお見送りをする「あえのこと」。目の不自由な神様を田まで迎えに行き、手を差し出して声をかけ家に招きいれ、姿の見えない神様に実在するかのようにお風呂の湯加減をたずね、ご馳走を並べておもてなしをする。

 

 

中さんの写真とお母さんの俳句で綴る俳句写真集、「寒卵(かんたまご)プリンに生まれ変はる午後」より。親子が初めての土地で生きる姿や美しい自然が描かれています。

 

上記の俳句やダイアリーを中さんのナレーションでお届けします。今回は、能登町柳田植物公園施設長・馬場信義さんの「あえのこと」の実演もお送りします。

 

 

photo by 中乃波木

 

【ゲスト】

 

今回のゲストは、能登町の秋吉地区アマメハギ保存会会長の「天野登」さんです。

 

とっぷりと日が暮れ、暗闇に包まれた秋吉地区。静まり返った山々からは時折、獣のいななく声が聞こえます。そんな集落に突然鬼が現れるのですから、幼子は本物だと思い泣き叫びます。

 

アマメハギは国指定重要無形民俗文化財で国連教育科学期間(ユネスコ)政府間委員会は2018年11月29日、「能登のアマメハギ」「秋田県の男鹿のナマハゲ」など8つの県、10の伝統行事で構成する「来方神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録すると正式決定しました。

 

アマメとはいろり端に長時間いる時にできるタコのことで、小中学生が扮した鬼は2月3日、「アマメを作っている者はいないか」と声をあげながら幼子を戒めます。

 

アマメハギは田の耕作開始を前に農家を外へ促す意味もあり、この行事が終わりしばらくすると能登に待ち遠しかった春が訪れます。天野さんは少年時代に仲間と徒党を組み、仮面をつけて集落を歩いた楽しい思い出が忘れられず、後世に残したいと願っています。

 

                          Copyright 能登町

中さん   綿谷さん         柴野さん   天野さん

【ハンディやしき ふるさとの記憶館】

 

[伝承・迷信 柳田村編!]

 

出典 能登町文化財・神和住の真念寺の鬼簿帳

 

昔むかし能登の柳田に、とっても筆まめなお坊さんがいらっしゃいました。その方は、浄土真宗大谷派真念寺9代目ご住職の慶俊さんです。今回は、慶俊和尚が記したオーロラ目撃談をお伝えしましょう。

 

時は明和7年・1770年9月17日夜のことです。静かな山間のお寺に激震が走りました。なんと、ご住職が空を見上げますと、北の空が怪しげに赤く染まっているではありませんか。

 

 

「北ノ方ノソラ大火ノ如クアカミダチ 其中ニ日アシノ如ク光明アリ」(きたのそら たいかのごとくあかみだち そのなかに ひあしのごとくこうみょうあり)と書きとめました。

 

現代文ですと「北の空が大火事のように赤くなり、その中に光が雲間から指すような現象が現れた」といった感じになります。

 

専門家によりますと、まれに低緯度で出現するオーロラらしいのですが、村人はさぞ驚いたことでしょう。

 

 

このご住職の日記は続けて、能登半島地震に甚大な被害を与えた大地震が発生した41年前にも同じ現象が起きたと記しています。

 

「海の底が焦げ、その光が天に映っているのではないか」・・・・

と言った人もいたとか。

 

 

 

 慶俊和尚が記したオーロラ目撃談でした。

 

 

 

 【インフォメーション】

 

 [のと寒ぶりまつり]

 

「のと寒ぶりまつり」は、1月20日日曜日に宇出津港いやさか広場で開催されます。「宇出津港のと寒ぶり」は商標登録の地域ブランドです。今季は年末から豊漁が続き、水揚げ量は不漁だった前期をすでに上回っています。10キロ以上の大型も多く港は活気づいています。

 

解体ショーでは、お刺身にして振る舞い、グルメテント村では、ぶり大根、ぶりしゃぶ、ぶりの照り焼きなど、ぶり料理がいっぱいです。この他にも能登丼、お寿司など美味しい物が並び、水産加工品、農産物など盛りだくさんです。宇出津港直送鮮魚市も行われます。会場の一角には飲食用のテントが用意されています。

 

スタートは午前9時30分。解体ショーは午前10時30分からで、ぶりの刺身のふるまいは午前11時30分と午後1時30分頃の2回を予定しています。毎回長蛇の列ができますからお早目のお出かけをおすすめします。

 

ゴロゴロと雷鳴とどろくブリ起こしもなんのその。天が太鼓を叩いておまつりを祝福していると思いましょう。1月20日日曜日は宇出津港の「のと寒ぶりまつり」にお出かけください。

 

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので1月18日にお聞きの方は12月28日の再放送になります。次回、1月11日のゲストは、秋吉地区アマメハギ保存会長の「天野登」さんです。

 

 

この番組は、翌週再放送でお送りしていますので1月18日にお聞きの方は1月11日の再放送になります。次回、1月25日のゲストは、能登町柳田植物公園施設長・馬場信義さんです。あえのこと」の実演もお送りします。

2019年

1月

10日

ハートフルいしかわ2019年1月11日(土)午前9時~9時15分放送 

豊かな心を育む気運を高めることをテーマに、地域で「心の教育」推進に取り組んでいる人々の姿や、石川県教育委員会生涯学習課の事業を紹介しています。企画協力 石川県教育委員会・心の教育推進協議会。ナビゲーターは加藤裕・前田明日香。

 

今回は、県立能登少年自然の家で2018年12月16日に開催された「チャレンジ能登の冬」から、そば打ち体験等をお届けします。

2019年

1月

04日

情熱サッカー 2019年1月5日放送予定

 

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 年末年始SP対談!

ツエーゲン金沢の初年度メンバーで、現在、県内で監督として活躍する二人の同級生対談です!

 

木村龍朗さん(パテオフットボールクラブ金沢ジュニアユース監督)

辻田真輝さん(ツエーゲン金沢U-18監督)

 

後編の今回は、石川の育成現場についてやそれぞれの想いなどを、熱く話しています!

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

2018年

12月

28日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語2018年12月28日(金)2019年1月4日(金/再放送)午前8時~8時30分

世界ジェラート大使・ユネスコ平和メッセンジャー・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ハンディやしきふるさとの記憶館では町の歴史をご紹介します。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

[乃波木のフォトダイアリー]

photo by 中乃波木

 

 

雪掻きも三連休となりにけり         十七波

 

 

大雪が降るとスノーシューというのを履いて、リュックに珈琲をいれて、アトリエの周りを散歩して体があったかくなったら一休みして飲む。

積もりすぎてアトリエの屋根にも簡単に登れて、島の素も簡単に覗けたり、獣や鳥の足跡を追ったり、雪はそんな楽しいこともできます。

                          

 

~俳句写真集 寒卵プリンに生まれ変はる午後より~

 

上記の俳句やダイアリーを中さんのナレーションでお届けします。

 

  下記の「続きを読む」をクリックしてください。

 

ゲスト情報、催しや観光情報をご覧いただけます。

 

【ゲスト】

 

 今回のゲストは能登町商工会経営指導員の「向口宏」さんです。

2019年1月20日日曜日に宇出津港で開催される「のと寒ぶりまつり」のPRに起こしくださいました。

 

「宇出津港のと寒ぶり」は商標登録の地域ブランドです。解体ショーでは、お刺身にして振る舞い、グルメテント村では、ぶり大根、ぶりしゃぶ、ぶりの照り焼きなど、ぶり料理がいっぱいです。この他にも能登丼、お寿司など美味しい物が並び、水産加工品、農産物宇出津港直送鮮魚市など盛りだくさんです。

 

 スタジオには、能登町宇出津の「紅寿し」さんが握ってくださった地元産の天然ブリのお寿司が届き、柴野さんは「口の中で溶けるようだ」、中さんは「甘くて美味しい」と極上の一品に驚きの声を上げました。

 

宇出津港いやさか広場の一角には飲食用テントが用意されています。普段はお仕事に励んでいる皆様、たまには最高級のブリを食べながら朝酒や昼ビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

海からヒューと吹いてくる風は冷たいのですが、この頬をなでる冬の風を感じながら熱燗をキューと流し込むのが宇出津流の極上の楽しみ方。ブリやお料理はいくらでもありますし、お酒も尽きることはありません。宇出津港でしか体験できませんからお出かけしてみてくださいね。ゴロゴロと雷鳴とどろくブリ起こしもなんのその。天が太鼓を叩いてお祭りを祝福していると思いましょう。

 

のと寒ぶりまつりは宇出津港いやさか広場で、2019年1月20日日曜日開催されます。スタートは午前9時30分。解体ショーは

午前10時30分からで、ぶりの刺身のふるまいは午前11時30分と午後1時30分頃の2回を予定しています。毎回長蛇の列ができますから早目のお出かけをお勧めします。能登の灯祭りを歌う演歌歌手、みやま健二さんの歌謡ショーも行われます。

 

 

 

 

 

【ハンディやしき ふるさとの記憶館】 

 

[伝承・迷信 柳田村編!]

 

出典 旧柳田村史第五節・まじない編

 

 

日本各地には、先祖からの伝承や迷信とも言われる風習やことわざが伝えられています。能登町にはこんな言い伝えがありました。

 

まじないには二つの型があり、一つはすでに到来した不幸災害を防ごうとするタイプ。もう一つは事前に災いを避け、福を招こうとするタイプです。

 

まずはタイプ1から!

 

山仕事をしていて急に熱が出たり腹が痛くなったら大急ぎで家に帰り、藁打ち用のヨコヅチを近所の家へ持って行き、それを質にして金を借り、そのお金で御神酒(おみき)と線香を買って山の神に供えなければならない。供える場所は、占いを生業(なりわい)とする者に方角を見てもらい、辰巳(たつみ)とか乾(いぬい)の方角の山へ行くべし。

 

うーむ。なぜヨコヅチを質に入れてまで借金し、そのお金で御神酒と線香を買って山の神の供えるのか?質に入れて借金しないと効果がないのか?理由と疑問を解明したいとことです。

 

 

 

続いてはタイプ2!事前に災いを避けようとするものです。

 

「女性の腰巻を張っておくと火事を防げる。腰巻を千枚、米俵につめて吊るしておくと火事にならない」・・・うーむ。これは赤い腰巻と火・・赤色どうしが互いを避けるといった、これまた原始的なというか涙ぐましい発想が根本にあるようです。火が出たら「腰巻腰巻」といって右往左往したのかもしれませんねぇ。

科学が発達していない時代、幸せを願ってことわざをつぶやいた祖先の姿が浮かびます。

 

 

 

【インフォメーション】

 

[ふるさと納税]

 

ふるさと納税のご案内です。ふるさと能登町応援寄付は、生まれ育ったふるさとに貢献したい、関わりが深い地域を応援したいという熱い思いを実現するため、自らの医師で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。能登町にはまだまだ守り続けていかなければならない大切なものがあります。能登町出身や町に縁がある親戚・ご友人などにも声をかけていただき、皆さんの大好きな「能登町」を応援してください。

 

ご寄附をいただいた方には、寄附金額に応じて能登牛や紅ズワイガニ、のと寒ぶりなど、能登町自慢の特産品をお送りさせていただきます。「ふるさとチョイス」ホームページかのカタログから一覧品をお選びいただき、能登町自慢の特産品をご堪能ください。尚、ふるさと納税は自治体への寄附であり「返礼品」はあくまで寄附のお礼であることをご承知いただき、通信販売などのサービス業でなないことをご理解ください。お米、お酒、船凍イカにマルガージェラートもありますよ。ぜひご覧ください。

 

 

[のっとぐらむ]

 

能登町の写真を投稿してペア宿泊県をGETしよう!

能登町インスタグラム投稿キャンペーン「のっとぐらむ」第3弾のお知らせです。今回は、「インスタ映え」をテーマに能登町の写真を撮って、インスタグラムでハッシュタグ、「♯のっとぐらむ」と「♯能登町インスタグラム映え」を付けて投稿してください。「いいね」なところを募集します。

 

投稿していただいた写真は、能登町観光ポータルサイトでも掲載させていただきます。2018年5月21日から2019年1月31日の期間中に撮影した写真が対象です。この期間内に撮影した「インスタ映え」する写真を投稿してください。能登町の写真を投稿してペア宿泊県をGETしよう!

 

 

 

 この番組は、翌週再放送でお送りしていますので1月4日にお聞きの方は12月28日の再放送になります。

次回、1月11日のゲストは、秋吉地区アマメハギ保存会長の「天野登」さんです。

2018年

12月

27日

情熱サッカー 2018年12月29日放送予定

29日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 年末年始SP対談!

ツエーゲン金沢の初年度メンバーで、現在、県内で監督として活躍する二人の同級生対談です!

 

木村龍朗さん(パテオフットボールクラブ金沢ジュニアユース監督)

辻田真輝さん(ツエーゲン金沢U-18監督)

 

ふたりによる、選手時代の懐かしい話と、お互いの指導者としての印象、

今年の結果など振り返って・・・

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

今年も情熱サッカーをお聴きいただき、ありがとうございました!

皆さん、よいお年を!

 

 

2018年

12月

27日

情熱サッカー 2018年12月29日放送予定

29日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 年末年始SP対談!

ツエーゲン金沢の初年度メンバーで、現在、県内で監督として活躍する二人の同級生対談です!

 

木村龍朗さん(パテオフットボールクラブ金沢ジュニアユース監督)

辻田真輝さん(ツエーゲン金沢U-18監督)

 

ふたりによる、選手時代の懐かしい話と、お互いの指導者としての印象、

今年の結果など振り返って・・・

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

今年も情熱サッカーをお聴きいただき、ありがとうございました!

皆さん、よいお年を!

 

 

2018年

12月

25日

市立輪島病院地域医療物語~研修医日誌~12月23日(日) 30日(日) 1月6日(日)13日(日)午後1時~1時59分

特別番組、市立輪島病院地域医療物語~研修医日誌~のお知らせです。首都圏から市立輪島病院へ派遣される研修医を題材にした番組「市立輪島病院地域医療物語~研修医日誌~」を放送しています。

 

医科大学医学部を卒業後、輪島市で研修に励む若き医師の姿や、市立輪島病院が研修医の受け入れに門戸を開き、日本の医療に貢献している姿をお届けするものです。また、市立輪島病院の取り組みや勤務医の声、ドクターヘリの活動紹介し、地域医療について考える機会にしたいと思います。

 

金沢大学医学部ご出身で、石川県各地で医師として活躍し、現在は埼玉県の上尾中央総合病院外科専門研修センター・センター長を務める大村健二先生も出演し、地域医療や研修医の取り組みをご紹介します。パーソナリティーは綿谷尚子。

 

初期臨床研修医 星山紗也子先生 小林満里奈先生

 

市立輪島病院院長 品川誠先生

 

上尾中央総合病院外科専門研修センター・センター長 大村健二先生

 

石川県立中央病院救命救急センター室長 明星康裕先生

 

 

 放送日時 

2018年12月23日(日)30日(日)2019年1月6日(日)1月13日(日)。この4日間の午後1時から2時でリピート放送をします。

 

 

2018年

12月

21日

情熱サッカー 2018年12月22日放送予定

明日の『情熱サッカー』(土 11:00~)は、

 

 『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします。

ツエーゲン金沢の5年を振り返ってMF 山藤健太選手

キャプテン DF 廣井友信選手のインタビューをお送りします!

 

 

 『Vamos!ヴィンセドール』

フットサル F2 ヴィンセドール白山の試合結果を!

12月16日 vsボアルース長野 ホーム最終戦について

渡邊一城キャプテン

杉木陽介監督の会見、インタビューをお送りします。

 

 

 

そのほか、全日本U12サッカー選手権大会に出場する旭丘フットボールクラブの試合日程も紹介! 

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから