新着情報

2018年

1月

19日

情熱サッカー 2018年1月20日放送予定

明日の『情熱サッカー』(午前11:00から)は、

 

『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢の情報をたっぷりとお届けします!

新加入選手からDFアラン選手のインタビューを!

さらに、復帰した

山藤健太選手のインタビューも!

 

 

『特集』

F2リーグ参入が決まったヴィンセドール白山の情報をお伝えします!

念願のFの舞台への参加が決まった心境やF2の詳細などを、

ヴィンセドール白山 杉木陽介監督にききました!

 

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

2018年

1月

12日

情熱サッカー 2018年1月13日放送予定

明日の『情熱サッカー』(午前11:00から)は、

 

『Road to J1』

J2ツエーゲン金沢 新体制発表会の模様をたっぷりとお届けします!

新加入選手の自己紹介はもちろん、西川GM&和田強化本部長の挨拶なども。

そして、今シーズン ツエーゲン金沢に帰ってきた

MF 背番号7 清原翔平選手のインタビューも!

 

そのほか、ヴィンセドール白山 試合情報も。

 

『情熱サッカー』は、午前11:00から お聞き逃しなく!!! 

 

ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています!

パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます!

インターネット放送はこちらから

 

 

 

2018年

1月

11日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 1月12日 19日放送

世界ジェラート大使・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

[ゲスト]

ー 能登町商工会事務局長 森田敏彦さん ー

 

 

スタジオに能登町商工会事務局長の森田敏彦さんをお迎えし、「宇出津港のと寒ぶりまつり」について詳しく伺いました。イベントには、美味しい寒ぶりを求め、県内外から大勢の人々が訪れます。海産物を用いた催しの中でも、寒ぶり祭りは来場者の熱い意気込みが感じられるそうです。実行委員会の森田さんたちは期待に応えようと準備に余念がありません。この日は寒ぶりの解体ショーやお刺身の振る舞いが行われ、会場内のグルメテント村では、ぶり大根、ぶりしゃぶ、照り焼き、お寿司などを味わえます。開催日時、場所は下記か、「宇出津港のと寒ぶり祭り実行員会」のホームページをご覧ください。

 

             

[大造のジェラートブック]

 

2018年1月に開催されるジェラートワールドカップ最新情報。柴野さんの日本チームは優勝目指して準備を進めています。目指せ世界の頂点!

 

 [催し・伝統紹介]

 

 ~宇出津港のと寒ぶりまつり~

 

開催 2018年1月21日(日)午前10時~午後3時

場所 宇出津港いやさか広場

 

2018年1月21日(日)に開催される「宇出津港のと寒ぶりまつり」は、商標登録された「宇出津港のと寒ぶり」を楽しめるイベントです。

元大関で能登町寒ぶり特命大使の把瑠都、ぶり漁に挑む漁師さんを歌う「エドアルド」もやってきます。

 

 ~アマメハギ~

 

アマメとはいろり端に長時間いる時にできるタコのことで、小中学生が扮した鬼は、小雪がちらつく中、蓑を着て家々をめぐり、「アマメを作っている者はいないか」と声をあげながら幼子を戒めます。

田畑の耕作開始を前に農家を外へ促す意味もあり、この行事が終わると能登に待ち遠しかった春が訪れます。開催は2月の立春前夜。

   

 [乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

12月

28日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 12月29日 1月5日放送

世界ジェラート大使・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

[ゲスト]

ー 柴野幸介さん 世界ジェラート騎士 ー

 

 

今回のゲストは、柴野大造さんの弟で世界ジェラート騎士の柴野幸介さんです。開店から休むことなくジェラートを盛り付け、手足は棒のようになりますが笑顔を絶やすことはありません。

幸介さんは年間20万人にジェラートの魅力を伝えた功績が認められ、イタリアジェラート協会が認定する世界ジェラート騎士に11月11日、ローマ市内で任命され、アジアで初の騎士となりました。

世界ジェラート大使の大造さんと騎士の幸介さんによるジェラート兄弟の誕生です。兄弟で誓った世界No.1! 幸介さんは夢に向かって歩んでいます。

 

 

 

              

[大造のジェラートブック]

 

2018年1月に開催されるジェラートワールドカップ最新情報。柴野さんの日本チームは優勝目指して準備を進めています。目指せ世界の頂点!

 

 [催し・伝統紹介]

 

 ~宇出津港のと寒ぶりまつり~

 

開催 2018年1月21日(日)午前10時~午後3時

場所 宇出津港いやさか広場

 

2018年1月21日(日)に開催される「宇出津港のと寒ぶりまつり」は、商標登録された「宇出津港のと寒ぶり」を楽しめるイベントです。ぶりを解体したお刺身が振舞われ、グルメテント村では、「ぶり大根」、「ぶりしゃぶ」、「ぶりの照り焼き」などを堪能できます。

元大関で能登町寒ぶり特命大使の把瑠都、ぶり漁に挑む漁師さんを歌う「エドアルド」もやってきます。

 

 ~アマメハギ~

 

アマメとはいろり端に長時間いる時にできるタコのことで、小中学生が扮した鬼は、小雪がちらつく中、蓑を着て家々をめぐり、「アマメを作っている者はいないか」と声をあげながら幼子を戒めます。

田畑の耕作開始を前に農家を外へ促す意味もあり、この行事が終わると能登に待ち遠しかった春が訪れます。開催は2月の立春前夜。

   

 [乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

12月

14日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 12月15日 22日放送

世界ジェラート大使・能登町ふるさと大使の柴野大造さんと、写真家で能登町ふるさと大使の中乃波木さんが能登町の魅力をお伝えしています。ナビゲーターは綿谷尚子。

 

[ゲスト]

ー 室峰常弘さん 教育者・保護司・藍綬褒章受章 ー

 

・昼下がり牛の落とした陰で寝る  柴野

・竹の子の重なる皮に物語     中

 

今回のゲストは、柴野さん中さんの中学校の恩師、室峰常弘さんです。

国語教師だった室峰さんは、作文や俳句を通して2人の豊かな感性を育てました。その指導は今も生き続け、心の師として敬っています。保護司としても活動し、平成23年に藍綬褒章を受賞しました。

 

土の匂い、流れる雲や空を渡る風の音、山間を赤く染めながら沈む美しい夕陽・・・能登の風景を詠んだ俳句は、柴野さん中さんの創作活動に大きな影響を与えました。

 

 

              

[大造のジェラートブック]

 

2018年1月に開催されるジェラートワールドカップ最新情報。柴野さんの日本チームは優勝目指して準備を進めています。目指せ世界の頂点!

 

 [催し紹介]

 

 ~宇出津港のと寒ぶりまつり~

 

開催 2018年1月21日(日)午前10時~午後3時

場所 宇出津港いやさか広場

 

2018年1月21日(日)に開催される「宇出津港のと寒ぶりまつり」は、商標登録された「宇出津港のと寒ぶり」を楽しめるイベントです。ぶりを解体したお刺身が振舞われ、グルメテント村では、「ぶり大根」、「ぶりしゃぶ」、「ぶりの照り焼き」などを堪能できます。

元大関で能登町寒ぶり特命大使の把瑠都、ぶり漁に挑む漁師さんを歌う「エドアルド」もやってきます。

 

   

 [乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

11月

30日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 12月1日 8日

[ゲスト]

ー ふらっと ー / ベンジャミン・マックスウェル・フラットさん・船下智香子さん

 

「ふらっと」は海を一望できる小高い丘の上に建つお宿です。経営しているのは、オーストラリア出身のベンジャミン・マックスウェル・フラットさんと奥様の船下智香子さん。

ベンさんは能登に伝わる発酵食品を手作りし、豊富な食材でイタリア料理などを作ってお客様に振る舞っています。いしりに関した書籍も発刊するなど、能登の食材にかける情熱は高く、ベンさんが作り出すお料理は能登イタリアンとも呼ばれ、好評を博しています。

日々の努力と工夫が積み重なり、宿はいつしか能登町の有名店になりました。2人の生き方に共感する人は多く、宿はお客様で賑わっています。

「能登の家族になっていただければ」と語る智香子さんの瞳は輝いています。

                 

[大造のジェラートブック]

 

柴野大造さんの弟、柴野幸介さんが世界ジェラート騎士に任命され、能登町役場を訪れました。「自分に何ができるのか、使命を感じて心が引き締まった」、「兄弟で力を合わせ、お世話になった能登への恩返しのために、能登でジェラートの催しをしたい」と語り、持木一茂町長は、「世界に能登の名を広げてほしい」と激励しました。  

 

 [催し・歴史紹介]

 

 ~宇出津港のと寒ぶりまつり~

 

開催 2018年1月21日(日)午前10時~午後3時

場所 宇出津港いやさか広場

 

2018年1月21日(日)に開催される「宇出津港のと寒ぶりまつり」は、商標登録された「宇出津港のと寒ぶり」を楽しめるイベントです。ぶりを解体したお刺身が振舞われ、グルメテント村では、「ぶり大根」、「ぶりしゃぶ」、「ぶりの照り焼き」などを堪能できます。

元大関で能登町寒ぶり特命大使の把瑠都、ぶり漁に挑む漁師さんを歌う「エドアルド」もやってきます。

 

  ~ごいた~

 

ごいたは、能登町宇出津が発祥の遊びです。2人1組のチーム戦で4人が卓を囲み、将棋に似た32枚の駒を盤上に出し合い、手持ちの駒を最初に出し切ることで役に応じて得点を獲得できます。

「宇出津物語」によりますと、考案されたのは江戸末期から明治初期で、宇出津地区で興じられてきましたが、平成11年に能都ごいた保存会が設立され、平成27年にごいたの館がオープンし、現在は大阪、神奈川、長野支部も誕生しています。

11月25日には大阪市内で初の大学選手権が開催され、能登町では、東京、大阪などから参加者が訪れて大会が行われました。

 

 [乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

 

 

2017年

11月

16日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 11月17日 24日

[ゲスト]

ー奥能登食材流通機構勤務 水上志都(みずかみしづ)さんー

 

能登町大箱。ゆったりとした時間が流れるこの地域で、食材流通促進事業に取り組んでいるのは水上志都さんです。

水上さんは、茨城県出身で海外生活を経て能登町に移住しました。化学メーカー、研究所助手を経て、インターネットセキュリティー大手のプロダクトマネージャーを務め、平成22年には第11回キャリアデザイン大賞を受賞。能登の食材や人々に魅せられ、この町で暮らす水上さんは、生産者の皆さんと共に仕事に励んでいます。

新しい人生を能登町で!その瞳は輝いています。

                   

[大造のジェラートブック]

 

タイ代表のチーム監督を引き受け、チョコレート部門で1位、総合で6位に輝きました。柴野さんは世界各国から注目を集めています。

  

 

 

 [催し・歴史紹介]

 

 ~あえのこと~

あえのことは、田の神様を家に招いてもてなす伝統の農耕儀礼です。農家の主人が水田から迎え入れた神様を古式ゆかしく料理や風呂でもてなし、今年の実りに感謝を捧げるものです。田の神を迎える12月5日と、神が田へ出る2月9日の2回行われます。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産で、国指定重要無形民俗文化財でもあり、能登の宝と呼ばれています。

 

~クジラ文化と能登町~

能登町は古来よりイルカやクジラ漁が行われてきました。今季初の水揚げで町が賑わう様子、村々が協力して行った昔のクジラ漁、加賀藩13代藩主・前田斉泰公のクジラ捕り見物をお伝えします。

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

11月

02日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 11月3日 10日

[ゲスト]

ー鶴野酒造店 女性杜氏の鶴野薫子(つるのゆきこ)さんー

 

心地よい潮風が吹く能登町鵜川。この土地で美味しい酒造りに励んでいるのは、谷泉のブランドで知られる鶴野酒造店の鶴野薫子さん。薫子さんは大学を卒業後、女性杜氏として生きる道を選びました。

酒蔵は、能登の水と酒米にこだわり、搾りを手作業で行うなど、昔からの製法を守っています。心を込めて仕上げた酒は、口に含むと芳醇な香りが広がり、まろやかなのどごしを楽しめます。

能登にこだわった清酒谷泉。鶴野酒造店には、今日も薫子さんの元気な声が響きます。

 

[大造のジェラートブック]

 

タイ代表のチーム監督を引き受け、チョコレート部門で1位、総合で6位に輝きました。柴野さんは世界各国から注目を集めています。

  

 

ー11月3日放送ー

 [催し紹介]

 ~いどり祭~ 

 今年の餅に、難癖(いどり)をつけて来年の豊作を願う楽しくユーモラスな奇祭。宮司さんへの取材も盛り込みました。祭りは石川県無形民俗文化財に指定されています。開催は11月7日。

 

 ー11月10日放送ー

 [催し紹介]

 ~いどり祭の音風景紹介~

 

 ~見頃を迎えた松本農園のイチョウ・平等寺のモミジ~

 

 ~あえのこと~

あえのことは、田の神様を家に招いてもてなす伝統の農耕儀礼です。農家の主人が水田から迎え入れた神様を古式ゆかしく料理や風呂でもてなし、今年の実りに感謝を捧げるものです。田の神を迎える12月5日と、神が田へ出る2月9日の2回行われます。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産で、国指定重要無形民俗文化財でもあり、能登の宝と呼ばれています。

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

10月

23日

MROラジオ・ラジオかなざわ共同制作番組 金沢マラソン2017~風になろう~

MROラジオとラジオかなざわが共同制作した特別番組「金沢マラソン2017~風になろう~」を21日、ラジオかなざわのスタジオから生放送しました。ゲストランナーや大会関係者らが29日に迫った第3回金沢マラソンを前に、大会の見どころや意気込みなどを伝えました。

MROラジオとラジオかなざわ・こまつ・ななおが同時放送しました。山野之義金沢市長や金沢マラソン組織委員会事務局の職員、ゲストランナーを務める山本あきさん(白山市出身)のインタビューを紹介し、山本さんは「金沢カレーや和菓子など食のもてなしを楽しみたい」と意気込みを語りました。今大会に出場する市民ランナーの平田将之さんが出演し、マラソンの魅力などを話しました。MROアナウンサーの谷川恵一さんとラジオかなざわパーソナリティーの綿谷尚子さんが番組を進行しました。

 

加賀藩と江戸を結んだ飛脚クイズ!

問題1と2の両方を正解した方に温泉入浴剤をお贈りします。

 

 

問題1 飛脚が江戸に到着した日数は?

 

答え 夏は5日 冬は6日 

   (上記は早道飛脚の場合・それに準ずる3択の②を正解とします)

 

 

問題2 かつて加賀藩の飛脚が住んでいた旧町名は?

 

答え  早道町 (3択の②)

 

 

 

2017年

10月

19日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 10月20日 27日

[ゲスト]

ー能登町真脇遺跡縄文館長 高田秀樹さんー

 

能登町役場から車で約15分。能登町真脇遺跡縄文館は、入り江となだらかな山肌が続く一角にあります。他に類のない国史跡や重要文化財指定を受け、館内には貴重な出土品が並んでいます。柴野さんと中さんは縄文人ファッションに身を包み、石斧を片手にインタビュー開始。

縄文人は何を食べていたの?衣服は?そんな素朴な疑問から、この地で暮らし、村を築いた縄文人の姿に迫ってみました。高田館長は、発掘調査と研究を元に、分かりやすく丁寧に答えてくださいました。

 

[大造のジェラートブック]

 

今月、イタリアで開催されたsherbrth festival2017で優勝し、世界の頂点に輝きました。特別賞も同時受賞し、審査委員からは最大級の賛辞が贈られました。熱気に包まれた会場の模様と柴野さんのインタビューをお届けします。イタリアのジェラート協会でこのラジオ番組が話題になり、会長やヨーロッパチャンピオンが出演を希望している様子も紹介します。

 

  

 

 

ー10月20日放送ー

 [催し紹介]

 

秋の味覚と能登牛肉まつりin能登町

10月22日(日)開催

 

ー10月27日放送ー

 「歴史紹介」 ~久田佐助船長物語~

 

明治36年10月29日。沈没する青函連絡船から乗客を守り、船と共に海に殉じた久田佐助船長の物語。

 

ー10月27日放送ー

 [催し紹介]  ~いどり祭~ 

 今年の餅に難癖をつけて来年の豊作を願う楽しくユーモラスな奇祭。

11月7日開催。

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

10月

05日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 10月6日 13日

[ゲスト]

ー西出牧場3代目・西出穣さんー

 

奥能登で美味しいミルクを作り出しているのは能登町の酪農家の皆さん。牛乳は鮮度を保った状態で毎日出荷されます。今回はその中から、西出牧場3代目の西出穣さんをお招きしました。西出牧場は広々とした丘の上にあり、牛はゆったりとした環境で育ちます。牧場で余暇を楽しめるのも魅力で、休日にはベンチに腰掛け、ゆったりとくつろぐご家族やグループの姿が見られます。

 

[大造のジェラートブック]

 

今月、イタリアで開催されたsherbrth festival2017で優勝し、世界の頂点に輝きました。特別賞も同時受賞し、審査委員からは最大級の賛辞が贈られました。

同じくイタリアで開催されたジェラートの世界大会で4位・来場者による一般投票で堂々の1位に輝きました。また、弟さんの柴野幸介さんがイタリアジェラート協会から、世界ジェラート騎士の称号をイタリア人以外で初めて授与されました。兄弟で外国人初のジェラート大使と騎士が能登町から誕生しました。

 

 

[催し紹介]

 

神和住純 古希記念エンジョイテニスフェスティバル2017

10月14日(土) 15日(日)開催

 

秋の味覚と能登牛肉まつりin能登町

10月22日(日)開催

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

9月

21日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 9月22日 29日

[ゲスト]

ー当目 夢を語る会の修田勝好さんー

 

のと里山空港から旧柳田村方面へ車で約15分。猿鬼伝説で知られる山間に広がるのは能登町当目地区です。山から流れ出る清い水で栽培され、山間地特有の昼夜の寒暖差が激しい、恵まれた環境で育てられた当目の米は美味しいことで知られています。このお米作りに励んでいるのは「当目 夢を語る会」の皆さんです。農耕神事「あえのこと」が受け継がれ、昔から変わることのない風景は、世界農業遺産の象徴でもあり、人々は自然と共生しながら暮らしています。修田さんたちの笑顔は明るく、力を合わせて夢と目標に向かっています。

 

[大造のジェラートブック]

 

イタリアで開催されたジェラートの世界大会で4位・投票で1位!

今回はジェラートの世界大会の模様をお送りします。

 

柴野大造さんは大会で4位、来場者による一般投票で堂々の1位に輝きました。人々は柴野さんの味を支持し、大きな話題になりました。また、柴野さんの弟さんの柴野幸介さんがイタリアジェラート協会から、世界ジェラート騎士の称号をイタリア人以外で初めて授与されました。兄弟で外国人初のジェラート大使と騎士が能登町から誕生しました。

 

[催し紹介]

神和住純 古希記念エンジョイテニスフェスティバル2017

10月14日(土) 10月15日(日)開催

 

秋の味覚と能登牛肉まつりin能登町

10月22日(日)開催

 

 

[乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

 

 

 

 

 

2017年

9月

20日

真夏のカーニバル

8月20日にマリアージョ金沢で開催された、真夏のカーニバルの模様を放送します。当日は女性4名の歌謡演歌歌手によるステージが開催され、大勢の来場者が歌唱を楽しみました。

 

出演 京香 三田結香  道下淳子 中野奈菜

 

放送 2017年9月20(水) 午後0時40分~午後1時頃

        道下淳子 中野奈菜

 

        9月27日(水)午後0時40分~午後1時頃

        京香 三田結香

 

プロデュース  中谷馨(プロデュース・楽曲提供)

 

番組 昼どきラジオ便 ラジオかなざわ ラジオたかおか

2017年

9月

07日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 9月8日 15日

[ゲスト]

 

ー道の駅桜峠(能登町当目)の山ノ内美紀駅長ー

 

2代目駅長の山ノ内さんは先代から引き継いだお店を、より快適で楽しいスペースにしようと工夫を凝らしています。奥能登を周遊する人々への観光案内に特産物の数々を店内に並べ、自らオートバイの免許を取得するなど、賑わいづくりとチャレンジを続けています。ドライブのひと時、人々はコーヒーを飲みながら疲れを癒します。

 

[大造のジェラートブック]

 

能登町出身で世界ジェラート大使の柴野大造さんが今日までの歩みや体験談をお伝えします。今回は、イタリアの国際コンテストに挑んだお話です。

 

[お祭り・取り組み紹介]

 

柳田大祭     9月16日(土)17日(日)開催

小木袖キリコ祭り 9月16日(土)17日(日)開催

 

能登のお祭りや文化を紹介するホームページ「NOTONO WILD」

を運営する辻野実さん電話インタビュー。

 

[乃波木のフォトダイアリー」

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

 

 

 

2017年

8月

24日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 8月25日 9月1日放送

[ゲスト]

ーバイク愛好者向け簡易宿泊所「ライダーズマリンベースPEACE」店主の大場小都美さんー

 

大海原に面した「ライダーズハウス」に能登の海とバイクを愛する人々が集まっています。金沢出身の大場さんが第二の人生を送る場所として、古民家を改修し、2016年の夏に開業しました。大場さんはバイクやサーフィンが趣味で、金沢で料理人を続けながら3人の子どもを育ててきましたが、それぞれが独立したのを契機にライダーハウスを運営することを決意しました。人々は、海を見ながら地元の新鮮な海の幸や山の幸を生かした食事を楽しみ、居心地のいいお部屋で疲れを癒します。夢を叶えた大場さんは毎日が楽しくてしかたがないとおっしゃいます。

 

[大造のジェラートブック]

 

世界ジェラート大使の柴野大造さんが今日までの歩みや体験談をお話しします。今回は、大躍進するきっかけになったイベントやテレビ番組を紹介します。

 

[催し紹介]

 

ぶらり酒蔵めぐりin能登町(9月3日日曜日開催)

 

ー25日放送ー

にわか祭り(8月26日土曜日開催)と祭りの最年少絵師の竹口陽平さん。

 

[乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

8月

09日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 8月11日 8月18日放送  

[ゲスト]

ー「たこすかし」で地域振興に携わる大瀧信男さんー

 

大瀧さんは地元で親しまれていた「たこすかし」を広め、体験交流施設ラブロ恋路の人気コースに育てました。その楽しさは全国に知られるようになり、釣りマンガの「釣りキチ三平・平成版」に描かれ、国内外のメディアで紹介されるようになりました。たこすかしの楽しさや地域振興に携わる姿をお届けします。

 

[大造のジェラートブック]

 

世界ジェラート大使の柴野大造さんが今日までの歩みや体験談をお話しします。今回は、オリジナリティーを追求し、メカブや寒ブリなどの能登の海産物を用いたジェラートに挑み、食の特産品コンクール最優秀賞を受賞した天然塩ジェラートの誕生秘話をお届けします。

 

[施設・SHOP・催し紹介]

 ー11日ー

藤波テニスミュージアム 

能登パン 

にわか祭(8月26日土曜日開催)

 ー18日の再放送は、「にわか祭」最年少絵師の竹口陽平さんー

 

[乃波木のフォトダイアリー]

 

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

 

 

2017年

7月

25日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 7月28日 8月4日放送

[ゲスト]

-のと海洋ふれあいセンター・専門員の東出幸真さん-

のと海洋ふれあいセンター専門員の東出幸真さんに、センターのプログラムや魅力を伺い、海にまつわる疑問にお答えいただきました。「塩田がある能登の海は塩分濃度が高い?」「海に漂う海藻は食べられるの?」「センターではスノーケリング体験ができるの?泳げなくても大丈夫?」「夏休みの

自由研究の題材を探しているんだけど・・」東出さんが楽しく丁寧にお答えします。

 

[伝説紹介]

-八王子神社の夫婦たぶ-

能登町小浦の八王子神社には、樹齢約300年と伝わる「たぶ」の大木がそびえています。神社にはこの木にまつわる不思議なお話が残されています。

 

八王子神社に夜釣りが大好きな神主が住んでいました。春祭りの神事の後、いつものように釣りに出かけるとその夜に限ってたくさんの魚が釣れるのです。あまりにも釣れるものですから次第に気味が悪くなり、帰ろうと振り向くと神社のお宮が明るくなっているではありませんか。山の天狗が出てきたに違いないと思った神主は驚いて逃げようとしますが、漆黒の闇夜に白装束を来た不思議な老人が現れ、二つの種を手渡すのでした。翌日、神主が種を撒いたところ、二本のたぶの木が伸び始め、近づきながら一本に結ばれます。

 

白装束の老人は何者か?渡した種とたぶの木の秘密とは?続きは番組をお聴きください。

 

[催しと関連紹介]

平成29年全日本学生ソフトテニス大会 8月4日~10日

藤波テニスミュージアム

天然氷 のらび

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

2017年

7月

10日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 7月14日 21日放送

[ゲスト]

ー能登町鵜川 日の出大敷の漁師 中田洋助さんー

 

天然のいけすと呼ばれる富山湾。能登の海岸線から続く一帯は、豊かな生態系を育み、好漁場として繁栄しています。今回のゲストは、能登町鵜川の日の出大敷で漁業に取り組んでいる漁師・中田洋助さんです。中田さんは五代目網元で、仲間には若手が多く、港から20分程の漁場で定置網漁を行っています。鮮度が高く美味しい魚を届けようと漁に励んでいらっしゃいます。

 

[伝説紹介]

ーナレーションと音楽で綴る田ノ浦物語ー

 

*下記は放送の一部です

 

むかしむかし、能登の田ノ浦に七羽の白鳥が浮かび、波に揺られていました。その光景を見た男はどうしてもこの世のものと思えず、天女が白鳥に姿を変えて水浴びをしているのではないかと考えました。確かめようとそっと近づいてみると、松の木に七枚の羽衣が掛けられているではありませんか。男は思わずその中の一枚を隠してしまいますが、天女たちは異変に気付き、それぞれの羽衣をまとって天に昇ってしまいます。しかし、羽衣を隠された天女は一人で人間世界に残ることに。

 

縁とは不思議なもので、男と天女はやがて夫婦になり、天女は「お浦」と名乗り、この地で暮らすようになりました。二人は仲睦まじく過ごしていましたが、ある日男が漁に出ると海がにわかに荒れ始め、もはやこれまでかと思ったその時、お浦は羽衣を取り出し、海の神を鎮めようと近くの小島から身を投げたのでした。激しく荒れていた海は穏やかになり、男は命が助かりますが、周囲にお浦の姿はなく、渚には羽衣が打ち寄せられていました。

お浦は姿を消しましたが、それからというもの、男が漁に出ると豊漁が続き、人々は海の神となったお浦が守ってくれているのだと語り合うようになりました。

お浦を偲び、浜辺はいつしか「小浦(おうら)」、羽衣が流れ着いた場所は「羽根(はね)」と呼ばれるようになりました。

 

[観光紹介]

恋路海岸海水浴場・五色ケ浜海水浴場 海開き 7月14日(金)

恋路火祭り     7月16日(日)

松波人形キリコ祭り 7月22日(土)

 

*奥能登トロッコ鉄道「のトロ」、体験交流施設「ラブロ恋路」の恋人たちに向けた夏のプラン紹介も

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでお届けします。

 

 

 

2017年

6月

30日

沢田知可子さんが来社!

毎月第2金曜日『昼どきラジオ便』のお昼0時15分から電話出演してくださっている沢田知可子さんが、本日、スタジオに来てくださいました!

 

今年デビュー30周年の沢田知可子さん。

先日6月21日には、記念のニューアルバム「こころ唄~BEST&COVER 30」をリリース!

「会いたい」「幸せになろう」などのヒット曲はもちろん、カバーソング、そして新曲をギュッと2枚に収めたアルバムです!
必聴です!!!

 

今日は、アルバムのお話や、ご主人でこのアルバムのプロデュースなどを担当した小野澤篤さんもご一緒にトークに参加し、プライベートなお話まで伺いました!

 

ぜひ、みなさんもこの素敵なアルバム聴いてくださいね!

沢田知可子さん、小野澤篤さん、本日はありがとうございました!

http://www.chikaco.com/

 

2017年

6月

23日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 6月30日 7月7日放送

[ゲスト]

-ぶなの森 インタープリター(森の案内人)今井淳美さん

能登町の最高峰「鉢伏山(標高543.6メートル)」でインタープリター(森の案内人)をしている、ぶなの森・今井淳美さんがエコツアーや体験プログラムの魅力をお伝えします。森のアロマを感じながら過ごす癒しのひと時は、訪れた人々を心地よい世界に誘います。木々のゆらぎや風の音を感じながら、森のフレュシュハーブティーやリラクゼーションタイムをお楽しみください。

 

[伝説紹介]

~ナレーションと音楽で綴る恋路物語~ *下記は放送の一部です

 

- music -

 

潮風が流れる初夏の海。

男波、女波が出会う岸辺はおだやかな潮騒が聞こえ、その調べは,かつてこの海で恋に落ちた男女の語らいを思わせます。

物語はいつしか永遠の愛を誓う伝説となり、ラブロマンスを求める男女が海岸を訪れるようになりました。

 紺碧の海で精霊になった若者と娘。

2人は波に姿を変えたのでしょうか。

 男波と女波は今日も岸辺で出会い、永遠の語らいを続けています。

 

[観光紹介]

あばれ祭 / 7月7日(金)8日(土)開催

 

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでご紹介します。

 

 

2017年

6月

23日

松原健之ステージ 6月25日(日)放送

輪島市門前町の呉服店「のむら」の能登半島地震復興10年感謝企画「歌謡&着物ショー」の模様をお送りします。この催しは、穴水町のキャッスル間名井で5月14日に開催され、約100人が松原健之さんの歌声に聞き入りました。

 

ゲスト 歌手・松原健之

出演 (株)のむら (株)パールトーン他

提供  株式会社のむら

放送  

FM78.0MHzラジオかなざわ 6月25日(日)午後4時~午後5時

FM76.4MHz ラジオななお 6月24(土)午後1時~午後2時

 

インターネットサイマルラジオならパソコンやスマートフォンで放送をお楽しみいただけます。当社ホームページからアクセスしてください。

2017年

6月

15日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 6月16日 23日放送

[ゲスト]  

   ー石川県柳田星の観察館「満天星」学芸員の宇佐美拓也さんー

宇宙人はいるの?そんな疑問を通じて惑星探査や最新の宇宙の話題をお届けします。銀河には生物が生存可能な星はあるの?探査機に積まれた私たちのメッセージとは?宇佐美さんが楽しく分かりやすくお話しします。    

 

[伝承紹介]

1577年(天正15年)棚木城を包囲した上杉勢は城内の士気を低下させようと水の供給を断つ作戦に出ました。棚木城の兵士は米を坂から流して滝の音に似せ、水があるように思わせて敵を欺こうとします。果たして米は水音に聞こえるのか?ラジオスタジオの音響装置を用い、戦国時代の伝承、棚木城「米流し坂」の水音の再現を試みました。

          

[名所紹介] 

ブルーベリー摘み取り体験・アジサイ寺として親しまれている真言宗平等寺

          

[乃波木のフォトダイアリー]

心で感じた下記の風景を中さんのナレーションでご紹介します。6月16日は「あばれ祭」、23日は「ささゆり」です。

2017年

5月

18日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 乃波木のフォトダイアリー5月19日・26日放送

2017年

5月

02日

柴野大造・中乃波木 能登町ふるさと物語 乃波木のフォトダイアリー 5月5日・12日放送分

2017年

4月

20日

4月21日『昼どきラジオ便』ゲストの出演時間変更のお知らせ

4月21日(金)「昼どきラジオ便」(11時~13時55分)

レギュラーゲストの出演時間が変更になります。

 

・堀江淳さん 13時15分頃~

・五十嵐浩晃さん 12時15分頃~

 

以上の時間帯に変更になります!

 

さらに!

池田聡さんが13時30分頃から電話出演!

 

 

お三人へのメッセージは、

mail@radiokanazawa.co.jp

まで!!

2017年

4月

20日

柴野大造 中乃波木 能登町ふるさと物語 / 乃波木のフォトダイアリー【4月21日(金) 28日(金) 午前8時~8時30分放送分】  番組内で中さんの詩のナレーションをお聞きいただけます。写真と共にお楽しみください。

2017年

1月

20日

1月20日「昼どきラジオ便」ゲスト出演の時間変更について

1月20日(金)「昼どきラジオ便」(11時~13時55分)

レギュラーゲストの出演時間が変更になります。

 

・堀江淳さん 13時9分頃~

・五十嵐浩晃さん 12時15分頃~

 

以上の時間帯に変更になります!

 

お二人へのメッセージは、

mail@radiokanazawa.co.jp

まで!!

 

 

2016年

12月

27日

年末年始は特別編成でお送りします

2016年12月27日~2017年1月3日は、

年末年始特別編成でお送りします。

 

また、電話でのお問い合わせなどもこの間はお休みさせていただきます。

 

ご了承ください。

 

よいお年をお迎えください!

2016年

10月

21日

声優の野村道子さんが来社!

 

サザエさんのワカメちゃん、ドラえもんのしずかちゃん・・・・・・・・

そう、数々の“お声”を担当している声優の野村道子さんが、

本日の『昼どきラジオ便』にご出演してくださいました!

『昼どきラジオ便』金曜版のパーソナリティ・車吉章さんとは普段から親交があるということで、とても楽しい時間となりました。

野村さん、ありがとうございました。

 

その野村さんもご出演する 

朗読劇『ハッピーバースデー』が

12月4日(日)に、石川県女性センターで行われます。

ぜひお出かけください!

 

詳しくはこちらから!